恋愛経験なしだった凡人がイケメンに競り勝って、好きな女性と付き合えた方法を今だけ無料で公開します

いまさら聞けない「デートの心構え」超入門



私は、今でも思い出したら
悔しくて仕方がないことがあります。

あなたにもあるかもしれません。

それが今日のテーマ、

「一度デートできた女性は必ずゲットできる」

ということです。

これ、なかなか信じられないかも
しれませんが恋愛の真理だと
私は思ってます。

デートをして即ゲットできないとおかしい、
と言っている訳ではないです。

そこは勘違いしないでくださいね。

その場ではできなかったとしても
最終的にはゲットできないとおかしい、
ということです。

デートできた女性は100%の確率で
ゲットできるはずだと、今の私は
そう思っています。

繰り返し言いますが、初回のデートで
ゲットできるはずだと言ってるんじゃ
ありません。

しかし、もし2度目のデートまで
出来たなら、最終的にこの女性を
ゲットできないとおかしいんです。

なぜなら女性がデートに来るということは

あなたをどのような男性か見ようとしている、

ということだからです。

最低でも、そのくらいの好感度はあると
いうことですよね?

女性にとっては本当に、男と二人っきりで
過ごすなんてのは怖いんですよ。

アメリカに衝撃なアンケート結果があります。

成人女性の5人に1人がレイ●された
経験があり、しかもそのほとんどが

「顔見知り」による犯行だったという事実です。

親兄弟、クラスメート、同級生、
会社の同僚、サークル、元恋人etc・・・

それらが「顔見知り」なんです。

怖いでしょ?

私が女性ならおしっこチビリますよ。

膝がガクガク震えて、男性不信になり
二度とデートできないかもしれません。

なので、

最低でもあなたに興味を持っている段階
だからデートにくるのです。

あなたの印象は確実にマイナスではないんです。

プラスの印象を持たれているから
デートに来てくれるんです。

はい、ここまではいいでしょうか?

ということは?

デートしてゲットできなかったということは
答えは一つしかありません。

あなたに何かミスがあったから好感度が
下がったということです。

つまり、デートまでいける関係を築ければ
ミスさえしなければ、

好感度って、会えば会うほど上がる
ものなんです。

心理学的には「単純接触効果」といいます。

会えば会うほど好感度って上がるので
本来はデート重ねればゲットできなければ
おかしいですよね?

なので、女性をゲットするためには
ミスをしてはならないといことです。

どういうミスなのか?

これまでにも言ってきましたが、

自分の望むことばかりして
相手の望むことをしていないこと

ですね。

で、そうなってくるとデートにおいての
戦略が大事になってきます。

デートまではこぎつけることができるのに
ゲットできない人があまりやっていないことに
ついて触れておきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性にしていないこと 1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
男=オスであるということを意識させていない。

言い方をかえれば、男と女だということを
意識させる行為をしていないということです。

ホテルや家に女性を誘って自然な流れに
もっていけるかどうか、

これはゲットするのに大事なことです。

デート中の会話が当たり障りのない
会話しかできていない。

だから、ホテルに誘うこと自体が
まず不自然だという流れになって
しまっているんです。

これ女性をゲットするのが苦手な人の
ほとんどに当てはまります。

無難な会話しかできていなくて
男を意識できていないような流れで

「ホテル行こうか」

といったとしても

「そんなつもりで来た訳じゃないのに」

ということになるわけです。

そりゃそうですよ!
そう思いません?(笑

こうなるのはホテルや家に誘うことが、
超~がつくほど不自然な流れであることが
原因です。

不自然な流れにしないために

「俺たちは男と女だぞ」

ということを意識させる行為をデート中に
おこなっていく必要があるんですね。

具体的には、

・「あ~ん」で食べさせてもらう
・「あ~ん」で食べさせてあげる
・互いの手の大きさを手を合わせて比べてみる
・スキンシップ
・ボディタッチ

などです。

細かくいえばキリがありませんが
分かりやすくいえばこうです。

「恋人同士がしそうなこと」

これ、付き合ってからやると思っている人が
多いと思いますが真逆です。

今、価値観を変えてください!

男と女を意識させる行為を、きちんと
布石として打っておかなければならない
ということです。

デート中に。

このように布石を打ちながら、なおかつ

女性を誘ってもドン引きされないように
準備させておくことが非常に
重要なんですね。

しかし、まあ当然ですが
タイミングは重要です。

そして、やりすぎは当然禁物です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性にしていないこと 2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どこでゲットするのかをちゃんと
決めていないこと。

これが二つ目です。

デートで女性をゲットできない人は
ほとんど、食事の場所やデートの場所を
ゴールにしているんです。

例えば、映画を観に行くとか
美味しいイタリアンを食べに行くとかです。

これぶっちゃけ間違ってます。

まるでデートすることが目的になって
しまっているのに気付きましたか?

ゲットするためにデートするんですから。

行動が目的になってしまっている悪い例です。

これではゲットできないんです。

なので、店だけでデートを決めてしまうと
ゲットできるチャンスがあっても
活かせなくなってしまいます。

ゲットする場所をちゃんと決めていないと
色んな選択肢に迷いが生じてしまいます。

ホテルが満員で入れない、
タクシーで家から異様に遠い、

グダグダになってしまって女性の気持ちが
冷めてしまうということがよくあるんです。

デートをするときは、まず最初はできれば

「ゲットする場所はここだ」

ということを先に決めてから、

「じゃあその場所でゲットするには
どこで食事をするのが一番効率的か?」

という逆算でプランを立てたほうだいいです。

繰り返しますが、女性と付き合ってから
考えるのではなく最初のゲットの時にこそ
考えておくべきです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性にしていないこと 3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゲットできない人は、次のデートの約束を
会っている時にしていません。

1回目のデートが終わって
2回目のデートをこぎつける。

そういう時に、ゲットできない人の多くは
どうしているか?

1回目のデートが終わってから
メールや電話で2回目のデートの約束を
取り付けようとします。

これでうまくいくときもありますが
誘うというのはつまり交渉です。

「●●に行かない?」「いいよ」

相手との交渉ですよね。

交渉というのはビジネスでもそうですが

直接会って話す > 電話で話す > メールでやり取り

のように直接会って話している時が
一番決めやすいわけです。

逆にいえば、一番断りやすいのが
メールだということです。

顔見なければ断るほうも楽ですもんね?

1回目のデートが終わって、その後に
メールで2回目のデートを取り付けようと
したが無視された、

なんて経験はあなたはありませんか?

もし、そのような経験をしたことがあるのなら、
タイミングが悪かった可能性が高いです。

1回目のデートの終盤あたりで、直接
会っている時に取り付けていたら
2回目のデートも成立して、最終的に
ゲットできていた可能性は高いです。

メールはちょっとした言葉が重く
とられすぎる傾向があります。

文字だけなので雰囲気は伝わりにくいです。

毎回、メールでデートに誘っていると
あなたが思っている以上に

「追いかけているガツガツ感」

が相手に歪んで伝わってしまうんです。

しかし、実際に会っている時に
トークの流れで軽~い感じで約束を取り付ければ
重いと受けとられずに済むんです。

1度でもデートできた女性は、いつか必ず
ゲットできないとおかしいんです。

あとは、その方法を知っているかどうかです。

ちゃんとしたデートのやり方を
知っているかどうか、

そこにかかっているんですね。

それを知らずに私も何度、悔しい思いを
したことか・・・(苦笑

彼女いない歴=年齢の男性に朗報!好きな女性と付き合うメール講座はこちら

メールアドレス
お名前(姓のみ)

このページの先頭へ